3/16 カンクーン イスラ・ムへーレス島

晴れ
 
今日は朝から市バスでダウンタウンへ。そこからタクシーで港に向かい、高速船でイスラ・ムへーレスという島へ向かいました。島に到着するとゴルフカートの貸し出しの業者の客引きで溢れています。少し迷いましたが、そのうちの一軒で借りました。(一日、45ドル。一応値切るべきでした。)島は、このゴルフカートで一周して1時間半の小さな島です。
早速、ゴルフカートの運転です。美しいミルクブルーの海を横目にビーチ沿いを北上すること20分ほどで高台の上に眼下には、これでもかというサンゴ礁のパウダーサンドの砂浜とその先に続くミルキーブルーの海が広がります。あいにくハリケーンの影響でこのあたりの国立公園は工事修復中でした。さらにいくと断崖絶壁の広場に出ました。ここでは観光客が集まっています。どうもマヤ文明の遺跡の一部が見られる場所のようですが、先ほどの場所の方が綺麗でしたので、そこそこで引き上げ今度は島を海沿いに南下しました。島の反対側は風がやや強い感じで、砂浜には美しい貝殻が沢山打ち上げられています。あちこちに貝殻を広い集めている人がいます。(商売で売るんですね。)道路沿いにはバルセロナのガウディーの作品のようなデザインの高そうな家がぽつぽつと建っています。メキシコのいい家のデザインはなかなか素晴らしいなぁと感じました。
ダウンタウンに再びついてビーチ沿いのレストランでタコスランチ。その後、再び先ほどの道を北上して今度は途中の分岐点で半島方面に進みました。半島には海がめの養殖場があり、そこを見学。さらに半島をすすむと、美しいホテルがあります。ホテルのグンジョウ色のプールが特に印象的でなみなみとしたプールの海が少しづつこぼれ落ちているのですが、そのこぼれ落ちている先が海のように見えるデザインです。ここのホテルの海に突き出したレストランでデザートとコーヒー。なんだか海の上で食事をしているような錯覚が。
夜はカンクーンホテル地区の大型ショッピングセンターに行きました。ベネチアを模したショッピングセンターはまだ新しいと思われますが、ハリケーンの後遺症で客足が戻っていない為か工事中で閉店している店がちらほら。お目当てのメキシコデザインの店も工事中でした。夕食はホテルの近くのメキシコ料理店でメキシコ料理の盛り合わせのようなものを食べました。
広告

3/15 カンクーン コズメル島

晴れ
 
朝からツアーでコズメル島へ。スノーケリングツアーです。カンクーンのホテル地区のAqua Worldというツアー会社に朝8時前に到着。8時半からバスに乗り込み、一路コズメル島の対岸の小さな町に到着。ここで高速船に乗り込みコズメルに着いたのは11時前。そこから、今度はスノーケリング用の小型船に乗り換え、刺し世のポイントへ。素晴らしい透明度の海でサンゴ礁の白い砂と透き通った青い海のコントラストが素晴らしいです。黄色、青色、白、エンジェルフィッシュなどカラフルな熱帯魚も群をなして沢山。マウイやコナよりも綺麗です。海底には石の建築資材が沈んでいるのですが、このあたりに魚の群れもいついているようです。2箇所目はパラダイスというポイントでしたが、こちらはやや深く、また魚も多くはありませんでした。結局、コズメル島に戻ったのは2時頃。ツアーに含まれるメキシカンレストランで昼食をとって、街を散策。銀製品の店でものを買ったのですが、最初120ドルと言っていたものが交渉に交渉を重ねて、45ドルで購入。また、ミロというチェーン店ではカラフルなバッグを購入。この街は、昼間は暑いです。
 
夜はホテル近くのショッピングモールでイタリアン。とても美味しいです。

3/14 カンクーン Cancun (メキシコ)

3/14(火曜)シアトル雨、カンクーン晴れ時々曇り
 
朝6時のアラスカ航空228便でカンクーンへ。LAまで2時間半、そこで一度飛行機を降りてLAからカンクーンまで4時間半のフライトです。カンクーンには夕方到着、湿度は高く気温は摂氏30度位でしょうか。空港はタクシーやホテルのプローモーションの客引きで溢れかえっています。ようやくシャトルバス会社のスタッフを発見して(オリンパスツアー)小型バスを待ち、一路カンクーンへ。まさにミルキーな水色の海が広がる景色を横目に、フィエスタ・アメリカーナ・グランド・コーラル・ビーチへ到着。
夕食はホテルのメキシカンレストランでメキシコの伝統音楽と踊りをみながらとりました。まだまだ、昨年の夏のハリケーンの被害から復旧しておらず、ホテル群も半分くらいしかオープンしていませんでした。でも雰囲気はとてもいいです。