水曜日 会社です…

朝は晴れ
 
朝から晴れです。同じアパートに住み同じ会社の別部門に勤めるインド人と、朝、バス停で一緒になりバスのなかではずっと仕事やシアトル生活の話しをしていました。彼はニューデリィー出身で、インディアナ大学のMBAを取ったそうで、なかなか落ち着いていていい奴です。
 
会社につくと昨日の仕事の続きです。だいぶTo Do Listも消化してきました。仕事のTo Doは消化したのですが、一件、Tax Returnの記入の為の書類を書くように、会社の税理士から依頼のメールがきました。Tax Retrunと言っても税金が戻ってくるという意味ではなく確定申告のことをTax Returnといいます。めんどくさそう。でもUSCPAの勉強で確定申告の記入についても勉強しましたんで、まあなんとかなるでしょう。
 
お昼過ぎからWeather Forecastのとおり雨が降り始めました。昨日、今日の朝方と晴れたのにまた雨。シアトルです。
 
話は変わりますが、先日、SeahawaksのNFC Championshipゲームをテレビで観戦している時見たCMのことです。
こういう大きな試合のCMはだいたいビールか車と相場が決まっているのですが、アメリカのビールの広告は日本のそれとは大きく異なります。日本のビールのCMは成分や味がいかに特別かをイメージとともに売り込みますが、アメリカのCMはイメージだけです。だいたい(1)水着のお姉さんが出てきて終わりだったり、(2)スポーツ観戦後に飲むイメージを写して終わり、または(3)商品とは余り関係ないギャグ、コメディー短編を流して終わり、このどれかですね。CMを見終わったあとどのビールの宣伝だったかを思い出すのは至難の技ですが、懲りずにアメリカのビールメーカーは伝統を固持しています。
この試合でみたCMはこんなのです。茶色い馬が沢山群れをなしてじっとしています。映像がビデオの早送りのように時々擦り切れます。そして画面が引かれていくと手前でシマウマが何やらテレビカメラでビデオを見ています。そしたら突然、ビールの名前が画面に映し出されて終わり。何のことか?と思いきや(3)のパターンでした。つまり茶色い馬はアメフトの選手、シマウマはプレーのReview中の審判をイメージしていたんですね。それがビールと何の関係があるかは別としてギャグ、コメディー短編でした。
広告