快晴と雨と秋の味覚

土曜は晴れ渡った快晴、日曜は曇天にシトシト雨の一日です。
 
土曜はシアトル市内から車で10分位のところ(マディソンパーク)のパン屋さんで朝食、その後直ぐ傍の園芸店に行き、花や植木鉢などを買い込みました。
パン屋さんはシアトルのWhole FoodsやLarry’sといったややハイエンド(アップスケール)なスーパーマーケットにもパンを卸している有名なパン屋さんで美味しい意カフェオレ、美しい町並みを眺めながら食べる朝食はなかなかいいものです。
ESSENTIAL BAKING COMPANY

2719 East Madison Street, Seattle (206) 328-0078

園芸店はアメリカらしくハロウィーンのデコレーショングッズが沢山売っていました。ただ、面白いのは日本と同じ植物でも値段の付け方が違います。日本では200円位で売っているものが15ドルもしたりします。

ここ、madison parkは以前も紹介させて頂きましたが、BellevueやKirklandとは違い、歴史的な美しさと素晴らしい紅葉が街中に溢れている町です。今の時期ですと車を運転していて赤、黄色の紅葉街道を落ち葉を踏みしめながら走っている感じです。ただ、困るのは車を1時間も駐車すると車が落ち葉や木の実で一杯になってしまうので、 払うのに一苦労というところです。

 

その後はGreenlakeに車で向かい、湖沿いを紅葉を眺めながら2周。一周5kmちょっとありますのでいい運動でした。晴れているため水面がピカピカ光り、またリスも最後の腹ごしらえか走り回っていまいます。落ち葉も芝生の上に随分と溜まってきていました。

 

夜はMadison Parkの西野に向かいました。ここはSeattle地区でも一番の日本食レストランで55ドルのおまかせを食べました。刺身、サラダ、焼き魚、てんぷら、マツタケの土瓶蒸し、寿司、デザート等等のコースで十分満足です。アメリカでこういう会席風の料理が食べられるとは。

この時期、このあたりはマツタケが沢山取れます。マツタケの取れる場所は自分の子供にも教えないと言われるtop secretらしいですが、物凄い量取れるようです。味は香りがやや少ないのですが、肉厚で味はしっかり出ています。

 

日曜は一日中小雨だった為に宇和島屋に行き食材の買い込みに。輸出用の富士リンゴ、オレンジ、グレープ、バナナ、イチゴなどの新鮮なフルーツや魚、お茶、マツタケなど大量に食材を購入しました。夜はマツタケご飯でしたぁ。

 

ちなみに輸出用の富士リンゴは蜜が一杯で旨い!日本向けのリンゴですね。ワシントン州はリンゴとチェリーの一大産地なんですね。今の時期は、スーパー行くとこんなに色んな種類のリンゴがあるのかと思うくらいのリンゴだらけです。ガラップルは以前にもご紹介しましたが傑作です。グレープの匂いと味風味のリンゴです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中