Mt. Ranier National Park

Mt. Rainer National Park
 
今週末はマウントレニアー国立公園へ一泊旅行で行ってきました。この国立公園、アメリカ合衆国で最初の国立公園ですが、シアトルからはグレイラインのバスが出ています。(日帰り旅行で10時間位。)以前、日帰りで行ったことがあったのですが、現地滞在が2時間程度とちょっと物足りないので、今回はパラダイスロッジに一泊してきました。
 
土曜日は雲ひとつ無い快晴で、パラダイスという拠点(標高1700m)から全長9km、高低差約600mのスカイ・トレイルを上りました。マウントレーニアは4000m以上の山ですので、半分位の高さまで上ったことになります。(ちなみに頂上はフル装備ではないと無理です。)一番高い部分のトレイルは本当に岩道でちょっと足を踏み外すと崖の下というところも所々ありますが、通常の体力があれば大丈夫な感じです。
 
まず、植生ですが、麓は針葉樹林帯で緑も多いのですが、600mも上ると乾燥地帯になり草も余り生えていない岩だらけの様相に一変します。山も頂上はGlacier(氷河)で覆われていますので、所々に氷河の溶け出した小川がありまして、その周りだけが草や花で覆われています。それにしても氷河から流れ出る小川や滝、川は素晴らしいものがあります。色が乳白色なんですよね。従ってその氷河水でできた湖は絵の具の空色のような美しい水色です。
 
動物は野生のモルモット、リス、鹿等を何度か見ました。鹿はバンビ2と親2のグループを発見して、近づいて写真をとったら、母親がゆっくりと威嚇で追ってきたという一幕もありました。(ちょっと怖いですね。)
 
次にパラダイスインですが、一泊で135ドルでした。私はグレイラインのツアーに参加しましたので往復とのバスとのパッケージでしたが。部屋は普通の山小屋ロッジです。豪華さはないですが、素朴な雰囲気でいいです。食事はロッジの食堂(夜40ドル前後、朝は10ドル前後)の他、昼間はスナックバーがありドックやハンバーガー、アイスクリーム、ポップなどを出しています。また、近くに国立公園のビジターセンターがありまして、そこでも昼間は食事をできます。部屋の窓からは氷河を被ったマウントレーニアと青空が見事に見えました。
 
メニュー
土曜の夕食 ライトビール、サラダ(5), ハリブ フライ(29), コーヒー
日曜の朝食 フレンチトースト、カリカリベーコン、サニーサイドアップ、バナナマフィン、カナディアンソーセージ、グレープフルーツジュース、コーヒー
日曜のランチ ビジターセンタでホットドック、フレンチフライ、レモネード(6)
 
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中