運転免許試験 - 実技試験

今日は朝方、霧でしたが10時頃から真っ青な快晴です。
 
運転免許-実技試験
今日は午前10時半からGreenwoodのDOLで実技試験です。午前9時に現地到着、傍の美味しいCafeでカフェオレと暖かいハム&エッグのサンドイチッチで朝食です。朝食後に車を試験用の駐車スペースに移動。待っていると女性の試験官が現れました。今日がはじめての試験官の日ということで男性のスーパーバイザーも一緒に来ました。スーパーバイザーが後部座席に乗ってもいいかというので、OKの返事。いよいよ、試験開始です。
 
1.Documentのチェック
自賠責保険の確認ということで、この車がAvisのレンタカーであることを伝えた上で、『有効期限の切れた保険証』『この保険証は更新され有効だというAvisのくれた紙きれ』『Avis発行のこの車は私の運転免許試験に有効だということと、保険に入っているという趣旨のサイドレター』を見せる。次に国際運転免許証とパスポートの提示。レンタルアグリーメントもついでに見せて、保険の範囲を確認してもらう。
 
2.実技試験
機器テスト– 停止状態でブレーキランプ、ウインカーの動作テスト。
手信号実演– 右折、左折、停止徐行の手信号を実演する。
走行テスト-駐車場からおもむろに出て一般道へ。住宅街の狭い道にはいり、右折左折(ウインカーや周囲のミラーなどでの目確認を試している。)などをしばらくやる。ラウンドアバウトがこの辺りはいっぱいあって、右回りで左折というのがある。ラウンドアバウトは右回りです。
進入テスト– 路肩に一旦停止し、また、車道に進入テスト。ちゃんと後方確認やウインカーだしてますか?
バック右折– そうこうしているうちに公園のような道の角付近に停車。交差点を右折しながらバックしろという。なるべく路肩に寄せながら。汗かきながら路肩に寄せつつバック右折。路肩に寄せるのがちょっと苦労。
縦列駐車– 前方のシルバーのバンの後ろに縦列駐車しろという。どうも路肩へのよせは苦労する。バック確認をし、慎重にハンドルを切りながら縦列駐車。
車線変更- 住宅街の道からやや広い片道3車線道路へ一旦停止後に進入。広い道を走行しながら車線を変更しろという。ウインカーだして後方確認しながら車線変更。
 
3.結果と手続き
結果は84点。悪いところを車内で指摘をして貰いました。80点以上が合格なので何とかパスでした。25ドル払って写真を撮って仮の運転免許証交付。やれやれです。
 
4.ちなみに、筆記試験
ちなみに筆記試験についても記載します。筆記試験は7月の初めにカークランドで受験しました。受験料は一回20ドルです。(6月までは10ドルでした。酷い値上がり。)DOLオフィスで日本語のWashigton Dirver Guideという教科書を貰ってきてヒタスラ全部読みます。100ページ弱あるのと、時々英訳の日本語の意味が変なところがあるので結構読みでがあります。読破したら、今度は徹底的に数字標識を復習します。数字はマーカで印をつけるといいかもしれません。ビール一本飲むとアルコールが消化されるのに何時間かかるとか交通以外のところも要注意です。試験形式はPCか筆記か選べます。PCですと画面に写真と質問、解答選択肢が一問づつ出てきます。(日本語で受験可能です。)正解をクリックすると直後に正解か不正解か教えてくれ、次の問題へと進みます。途中、分からない問題が出た場合スキップも可能ですが、後回しという意味で最後の方にまたこの問題が再出されます。制限時間はなく、好きなだけ考えられます。出題数は25問ですが、途中80%の20問以上を正解すると残りの問題が残っていても自動的に試験強制終了となります。(つまり筆記試験は合格なのでもう、やるなという意味。)
 
今日のランチはエリオットベイの海沿いのRed Robinでサラダランチでした。キラキラした海の色も美味しさに一役かいますね。
広告